スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の裏メニュー 

どもども、
ひと雨ごとに春の気配かな、
やっとなんとなく暖かくなってきた今日このごろ
冬はやはり、しびれるぐらい寒くないといけません、
だけど、しびれるぐらい寒いのはこたえます。
もう、若くはないので(先日47歳になりましたです)

で、今日はアジア食堂、究極の裏メニューのご紹介
なんで用宗でエスニック料理屋始めたかの説明はおいおいしていきますが、
もう夜もふけたので、絶対おすすめ裏メニューの紹介だけして寝ます。

なんの縁か、桜エビの漁師を始めて気がつけば17年の月日が過ぎました、
てわけで、桜エビけっこう手に入ります。
このおいしい食材でなんかうまい料理ないかなと、以前料理のお師匠さんに聞いたら
こんなんはどう?
って教えてもらったのがこれ
P1050724.jpg
最近はやりのバーニャカウダの親戚、
桜エビのオイルフォンデュ!!!
たっっぷりのオリーブオイルにニンニクとアンチョビを泳がせて
たまらん香りが立ち上がってきたら、桜えびや、きのこちゃんアスパラ 色とりどりのパプリカなど
みんなをぐつぐつオイルの中で泳がせてから、おもむろにすくいあげてバケットのスライスにのせてぱくり。
まずいわけないでしょ。
で、この料理はきりきりに冷やした辛口の白ワインといっしょに食べるべし。

桜エビのかき揚のてんぷらも当然おいしいけど、
俺が知ってるかぎり、桜エビの究極にうまい食べ方はこれでんがな旦那。

いちおう、アジア食堂って名乗ってる手前、 オリーブオイルやアンチョビ使っちゃまずいよな、
とも思うんですが、まあうまいからいっか。

今んとこ世界じゅう探しても桜エビのこんな料理だすお店はないと思います、
みんな食べにきてね、
いちおう用予約、お一人さま¥1500ぐらいの御予算でお願いします。
みなさまのお越しを待ってまーす。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。